留学決定から帰国まで
handbook

留学決定

渡航前から留学を意識して過ごすことで、渡航後の留学生活の充実度が各段に高まります。海外留学ハンドブック(冊子がほしい方は海外留学室まで)を参考に留学準備期間を有効に活かしましょう。また渡航前に必ず危機管理オリエンテーションを受講し、各自で危機管理や健康管理に関する情報収集を開始し、予防策や対処方法を身につけます。

留学中

現地到着後、まずはご家族や関係者へ無事に着いたことを知らせましょう。次に留学先で提供されるオリエンテーションなどで、緊急時の対応や現地の安全情報などについて改めて確認します。海外留学ハンドブックには、留学先での過ごし方や帰国に向けての準備などを掲載していますので、留学の節目節目で読み返し、自分の置かれている状況を確認するために役立ててください。

帰国

日本への帰国も、生活環境の変化という意味では留学する際と同じくらいインパクトがあります。留学の経験を今後の学生生活につなげるためにも、留学経験を客観的に振り返りながら、将来を見据えて次への準備を進めていきましょう。報告書は海外留学室までメール添付で提出(必須)。


♦就職や進路に関する相談窓口♦
海外留学室と同じ国際棟107号室には、外国人留学生および海外留学経験者を対象とするキャリア支援部門が設置されています。参考:7月以降に応募可能な企業団体(トビタテ!留学JAPAN

[ページの先頭へ]


名古屋大学国際教育交流センター
〒464-8601 名古屋市千種区不老町 [ 地図 ]
電話 052-789-2198 FAX 052-789-5100
Copyright © 2014 International Education & Exchange Center, Nagoya University