トップページ > 名古屋大学からの海外留学情報 > 危機管理オリエンテーション
危機管理オリエンテーション
海外渡航時の危機管理について一般的な情報提供を行います。本学では昨今の世界情勢を鑑み、海外渡航を予定している全ての学生に同オリエンテーションへの参加を義務付けています(個人手配の旅行や留学、語学研修含)。国・地域別の詳細情報や緊急時の対応などは、研修の企画運営を行っている学内部署(各学部・研究科、海外留学室など)や旅行会社などへ改めて詳細を確認し、指示に従ってください。

☐ 危機管理オリエンテーションへ参加し、情報収集を開始する

2017年度前期の開催日


☐ 海外留学ハンドブックを読む(ダウンロード:PDF

充実した留学生活を送ることができるよう、出発前の準備方法から留学期間中の過ごし方、さらに帰国後について、必要なことをまとめました。ハンドブックは海外留学室で配布しています。

☐ 健康管理について渡航前の予防と渡航中の対策を行う

健康診断(入国時や留学先大学から要求される場合もあります)、歯科検診(一般的に海外旅行保険の対象外で高額な治療費がかかります)、予防接種、常備薬の購入、持病やアレルギー対策(英文診断書の準備)などを行います。また渡航先の気候と服装、感染症などへの対処法を確認します。

☐ 海外旅行保険に加入する

留学中に起こりうる病気や怪我、他人への賠償などに備えるために保険に加入します。日本出発日から日本帰国日まで必ず保険をかけてください。クレジットカードの海外旅行保険のみでの渡航は禁止しています補償金額が低い、海外滞在期間に制限があるなど、補償が不十分なため)。

☐ 海外渡航届を提出する

所属学部・研究科へ海外渡航届を提出します。災害・テロ・感染症などの緊急事態が発生した際に本学から安否確認を行います。海外渡航届は「海外渡航データベース」に入力後、出力します。みなさん自身も緊急時に備えて、留学中は自分の所在を常に明らかにし、連絡をとることのできる状態を保ってください。

☐ 外務省へ渡航登録を行う

緊急時の情報提供や最新の渡航情報などを受け取ることができますので、登録を必ず行ってください。
外務省海外旅行登録「たびレジ」(3ヶ月未満の渡航) 
外務省在留届電子届出システム「ORRnet」(3ヶ月以上の滞在) 

リンク集

海外安全ホームページ
海外安全虎の巻
海外安全アプリ
外務省
国別生活情報 JICA
海外安全お役立ち情報 海外法人安全協会
海外で健康に過ごすために 厚生労働省
海外渡航のための予防接種 厚生労働省
世界の医療事情 外務省
World Health Organaization 世界保健機構
Federal Emergency Management Agency(FEMA) 連邦危機管理局(米国)
Security Service(MI5) 情報局保安部(英国)

[ページの先頭へ]


名古屋大学国際教育交流センター
〒464-8601 名古屋市千種区不老町 [ 地図 ]
電話 052-789-2198 FAX 052-789-5100
Copyright © 2014 International Education & Exchange Center, Nagoya University