トップページ > 文部科学省奨学金
文部科学省奨学金

文部科学省は1954年に国費外国人留学制度を創設して、日本で学ぶ外国人留学生の支援をしています。
国費外国人留学生(文部科学省奨学金)に応募するには、次の方法があります。

1.海外から応募する場合
大使館による推薦と大学による推薦の2つの方法があります。2 つ同時に 応募することはできません。
(1)大使館推薦
種 類 学部留学生、日本語・日本文化研修留学生、研究留学生、教員研修留学生
照会先 母国にある日本大使館(領事館)
渡日時期 4月又は10月
(2)大学推薦
種 類 研究留学生、日本語・日本文化研修留学生
照会先 各学部・研 究科
主に本学との学術交流協定校及び交流実績のある大学からの留学生を本学から文部科学省へ推薦する
渡日時期 10月
募集時期 12月頃
 日本国内の大学に在籍する私費留学生を在籍大学から推薦します。
3.国費留学生の種類と待遇(2013年度)
(1)奨学金
 
奨学金額(月 額)
学部留学生 120,000 円
日本語・日本文 化 研修 留学生 120,000 円

    研究留学生
    教員研修留学生
非 正規生 146,000 円
修 士課程
147,000 円
博 士課程
 148,000 円
ヤング・リー ダーズ・ プログラム (YLP)留学生  242,000 円
注 1)奨上記月額単価は採用年度にかかわらず全ての国費外国人留学生に 適用されます。
注2)一時帰国などで、月の初めから終わりまで日本を離れた場 合 は、その月の奨学金は支給されません。また、休学及び長期欠席した場合も、原則としてその 間の奨学金は支給されません。

(2)授業料
     徴収しない
(3)渡航旅費
     往復渡航費(航空券)支給
(4)奨学金支給期間延長について(研究留学生・学部留学生の み)
大学院進学などを希望する国費外国人留学生の中で、研究留学生 と学部留 学生については、申請資格がある場合、奨学金支給期間の延長を申請することができま す。進学を予定している年の前年度の9月〜10月に、希望者は各学部・研究科等の担当掛を通して申請してください。特に、研究生については、 いつ入学試験 を受けて進学するかなど、今後の予定を指導教員によく相談のうえ、延長申請の時期を判断してください。延長申請が認められるかどうかは、文部 科学省の選考 によって決定しますが、毎年延長希望者が多いため認められない場合があります。
注)学部または修士課程から上級課程への進学を希望して 延長を申 請す るにあたっては、在籍する課程の学業成績係数が文部科学省で定められた基準値以上である必要があります。
注)学業成績係数の算出方法や、申請資格・延長申請時期 などの詳 細 は、各学部・研究科等の担当掛に確認してください。
※その他、宿舎や医療費など生活情報については、ハンドブックをご参照下さい。

[ページの先頭へ]


名古屋大学国際教育交流センター
〒464-8601 名古屋市千種区不老町 [ 地図 ]
電話 052-789-2198 FAX 052-789-5100
Copyright © 2014 International Education & Exchange Center, Nagoya University