宿舎

(最終更新:2017年10月)

名古屋大学では、新規渡日留学生が大学の国際交流会館(大学寮)に入居できるよう配慮しています。入居期間はプログラムによって異なりますが、退去後は学外のアパートなどを探して住むことになります。留学生の宿舎としては次のものがあります。

名古屋大学国際交流会館(家具付)
名古屋大学国際交流会館には留学生会館、インターナショナルレジデンス東山、国際嚶鳴館、インターナショナルレジデンス山手、インターナショナルレジンデンス妙見の5つがあります(2017年現在)。

入居時期は4月と10月です。毎年7月と1月頃に募集をしますので、適宜学内の掲示板を見るようにしてください。申請手続きは、所属学部・研究科の担当掛で行ってください(締切日に注意)。
名古屋大学の国際交流会館(大学寮)以外の宿舎
(1)(公財)名古屋国際センター 国際留学生会館(ISC)
国際留学生会館は愛知県下の大学などで学ぶ留学生に対して宿舎施設の提供、研修、相談、情報提供などの事業を行っています。
所在地 : 〒455-0015 名古屋市港区港栄2丁目2-29
電話 : 052-654-3511
E-mail : isc@nic-nagoya.or.jp
URL : http://www.nic-nagoya.or.jp/japanese/nicnews/ryugakusei_kaikan/
なお、申請は毎年1月(4月入居)と7月(10月入居)頃に、大学を通じて申請します。募集情報は適宜学内の掲示板を見るようにしてください。
(2) 公営住宅
I. 市営住宅
  • 申込み
    • 一般募集(抽選)年4回(5月、8月、11月、2月)
      各募集期間に区役所や栄サービスコーナー(「住まいの窓口」内)で配布される応募用紙に記入し、郵送で申し込みます。
    • その他、世帯状況、収入などの条件を満たせば応募可能な住宅もあります。詳細は、名古屋市住宅供給公社のホームページ等で情報を入手してください。

  • 申込資格
    • 名古屋市内に居住していること
    • 同居する親族がいること(単身者は申し込めません)
    • 留学生の場合保証人は不要
    • 緊急連絡先1名が必要

  • 施設:浴室はあるが、風呂釜、浴槽の設置は入居者負担
  • 敷金:家賃の3カ月分
  • 家賃:1---3万円/月(場所や広さにより異なる)
問合せ先 : 名古屋市住宅供給公社管理部
所在地:名古屋市西区浄心一丁目1-6 シティファミリー浄心3階
TEL:052-523-3875
営業時間:8:45-17:15(休業日:土・日曜日、祝日、年末年始)
URL:名古屋市住宅供給公社 http://www.jkk-nagoya.or.jp

住まいの窓口
所在地:名古屋市中区栄三丁目5-12(栄地下街)
TEL:052-264-4682
営業時間:10:00-19:00(休業日:木曜日、第2・4水曜日、年末年始)
II. 県営住宅
  • 申込み:
    • 定期募集(抽選)年3回(5月、9月、1月)
    • 常時募集(先着順受付)
    • その他、世帯状況、収入などの条件を満たせば応募可能な住宅もあります。詳細は、愛知県住宅供給公社のホームページ等で情報を入手してください。栄の「住まいの窓口」や各区役所でも募集案内書の入手可能です。
  • 申込資格
    • 同居する親族がいること(単身者は申込めません)
    • 連帯保証人1名および緊急連絡先1名が必要
  • 古い住宅には風呂釜、浴槽が付いていない
  • 敷金は家賃の3ヵ月分
問合せ先 : 愛知県住宅供給公社(名古屋・尾張住宅管理事務所)
所在地:名古屋市中区丸の内三丁目19-30
TEL:052-973-1791
営業時間:8:45-17:30(休業日:土・日曜日、祝日、年末年始)
URL:愛知県住宅供給公社 http://www.aichi-kousha.or.jp/

住まいの窓口
所在地:名古屋市中区栄三丁目5-12(栄地下街)
TEL:052-259-2672
営業時間:10:00-19:00(休業日:木曜日、第2・4水曜日、年末年始)
III. 愛知県住宅供給公社の「特定入居」
  • 対象住宅(住所):大曽根併存住宅(名古屋市北区山田二丁目11番62号)地下鉄名城線「大曽根」もしくは「平安通」駅から徒歩15分
  • 入居条件
    • 名古屋大学に在学する留学生で同居する親族がいること
    • 留学生及び同居親族のうち1名は日本語の日常会話と読み書きが可能なこと
    • 名古屋大学留学生後援会賃貸住宅連帯保証事業に加入すること
    • 住宅自治会への加入、町内会費等の負担及び自治会が行う清掃等の活動に参加すること
  • 家賃等
    • 家賃は月額56,200円を特定入居期間中に限り2分の1の28,100円に減額
      敷金112,400円(56,200円×2カ月分)
  • 募集戸数:10戸
  • 入居申込書に、名古屋大学が発行する斡旋依頼書を添えて住宅管理事務所へ申請。斡旋依頼書は学生支援課において、「発行願」提出後、約1週間で発行。
IV. UR都市機構
  • 単身者も申し込むことができます
  • 家賃の4倍以上の月収、奨学金があること、もしくは1年以上家賃の前納等ができること等
  • 栄の「住まいの窓口」でも募集要項等、情報入手可能
  • 申請書類:住民票、収入/奨学金/貯蓄残高証明書等
  問合せ先
  • UR名古屋営業センター栄コーナー
    所在地:名古屋市中区栄三丁目5-12(栄地下街 住まいの窓口内)
    TEL : 052-264-4711
    営業時間:10:00-19:00(休業日:木曜日、第2・4水曜日、年末年始)
(3) 社員寮等
民間企業や財団等が留学生に提供する宿舎です。申込み資格や条件は様々です。
  • 私費留学生(正規学生)のみ申請できます
  • ほとんどの社員寮は単身用
  • 日本語能力、集団生活への理解、交流への関心が求められます
  • 申込時期:一般に1月(4月入居)ですが、空室状況によってはこの時期以外にも募集があります。各学部・研究科等の掲示板などに注意してください
  • 申込場所:名古屋大学 学生支援課(工学部7号館2階)
  • 国籍ごとの入居者数のバランスが考慮される場合があります
  • 「留学生住宅総合補償」(日本国際教育支援協会)に加入すること
(4) 民間アパート
一般に不動産業者の仲介により探します。契約時に、敷金・礼金・仲介手数料・前家賃・共益費・住宅保険料等を支払うため、1ヵ月の家賃の約6--7倍のお金が必要です。 家賃は単身用で1ヵ月約35,000--60,000円です。 通常契約時には連帯保証人が必要となります

「名古屋大学留学生後援会賃貸住宅連帯保証事業」

(注意)以下に記載されている連帯保証制度は、2017年11月30日までに学生交流課で必要書類を提出し申請した場合に有効となる制度です。2017年12月1日以降に民間アパートを見つけて借りる場合は、個人で連帯保証人を見つけるか、家賃保証会社を利用できる部屋を探すことになります。詳細は、こちらをご覧ください。

留学生が宿舎の賃貸契約を結ぶ際、留学生が財団法人日本国際教育支援協会の「留学生住宅総合補償」制度に加入することを条件に、名古屋大学留学生後援会が一定の範囲内で連帯保証人になります。賃貸契約期間中に保険期間が切れることがないように、「留学生住宅総合補償」の更新手続きを行って下さい。事務手続きは学生交流課で行いますが、手続きに1週間程度かかりますので早めに申請するよう心がけてください。

(修了・卒業時の解約手続き)
  • 賃貸住宅契約を解約する場合:賃貸契約解約の届を学生交流課内に必ず提出してください
  • 賃貸住宅契約を継続する場合:卒業後も就職等で同じアパートに住む場合は、名古屋大学留学生後援会の連帯事業保証事業は終了しますので、賃貸契約の連帯保証人を他の人に変更してください。
  • 名古屋大学で留学生として進学する場合:特に手続きの必要はありません。
  • 上記の手続きについては住宅総合補償(保険)の補償期間が残っていれば、残金を返金できることがあります。詳細は学生交流課内に問い合わせてください。
詳細については、名古屋大学 学生交流課 (国際開発研究科棟1階、TEL:052-789-2166 / 5733)にお問い合わせ下さい。
引越しをしたら
引越しをしたら、転居後14日以内に新しい住居地の区役所へ届けなければいけません(在留手続きの5.引っ越す場合を参照してください)。
また、新し住所を所属部局にも知らせてください。
宿舎探しの情報提供・相談窓口
(1) 宿舎物件情報提供
不動産会社以外に、学内の以下の場所で情報を得ることができます。
  • 名古屋大学生協(南部生協1階購買部内)「住まいの斡旋コーナー」
    生協の提携不動産会社の紹介をしています。
    営業時間:平日11:00--16:00(水・土・日曜日、祝祭日を除く)
    Tel:052-788-7875
    http://nucoop.jp/support/room/index.html
(2) 引越しのオリエンテーション
国際教育交流センターでは、宿舎、引越しについて、年2回(6月/12月頃)オリエンテーションを行なっています。
また、「留学生のための引越案内」を配付しています(PDF版はこちらから入手可能)。
くらしのルール
日常の生活では留学生も地域住民の一人として暮らすことになりますから、次の事項に気をつけて快適な生活を送ってください。
  • ごみの出し方:名古屋市は自然環境への配慮からごみの分別収集を行っています。適切に分別して、指定の袋に入れ、指定された曜日に朝8時までに指定された場所に出してください。
    前日の夜に出してはいけません。分別の仕方がわからない場合は、まわりの人や友人に聞くか、大学で尋ねてください。
    名古屋市暮らしの情報:http://www.city.nagoya.jp/kurashi/
  • 町内会:地域には必ず町内会があり、町内会費を払います(1か月300円ぐらい)。町内会では「回覧板」を回して町内の情報を連絡します。「回覧板」が届いたら読んで次の家に回します。地域の清掃の日には積極的に参加してください。
  • その他
    • 日本のアパートは一般的に壁が薄く、他の部屋の物音がよく聞こえます。友達を呼んだり、音楽を聴いたり、テレビを見るときは、話し声や音量に気を付けてください。特に早朝(朝8時頃まで)や、夜遅く(夜10時以降)は注意が必要です。
    • 一時帰国など長期間留守にするときには大家さんに知らせてください。家を離れている月や前月の家賃、電気・水道・ガス代等の支払い方法を確認して、未払いのないように注意してください。
    • 家族や友人が同居する予定があれば契約時に大家さんに知らせて下さい。
    • 近所の人と知りあっておくと、困った時や災害時に協力し合い、問題があっても理解し合いやすいです。近所で会った時には、一言あいさつをするとよいでしょう。
    • 防犯や防災のために戸じまりや火の始末に気をつけましょう。
 

[ページの先頭へ]


名古屋大学国際教育交流センター
〒464-8601 名古屋市千種区不老町 [ 地図 ]
電話 052-789-2198 FAX 052-789-5100
Copyright © 2014 International Education & Exchange Center, Nagoya University