勉強生活支援
(最新更新 2020年6月15日)

履修登録や試験、成績は学部・研究科、学年によって手続きが異なります。もしこれらについて質問がある場合は、各学部・研究科の担当係に尋ねましょう。
ここでは留学生の皆さん全員に共通する項目についてのみ説明します。
(新型コロナウイルス感染拡大下での、大学における学習・研究活動についての情報は、こちらのページをご覧ください。)


1.指導教員

学生生活・研究上の悩みや問題が生じた時には、指導教員に相談することができます。学部・研究科によってはオフィスアワーを設けているところもありますが、オフィスアワーがない場合は、事前に面談の予約を取りましょう。
詳細は各学部・研究科などの担当係に尋ねてください。


2.留学生担当教員(国際化推進教員)

各学部・研究科には留学生を支援する留学生担当教員(国際化推進教員)がいます。学生生活や研究、進路に関することはもちろん日常生活などの幅広い相談に対応します。
学部・大学院研究科 留学生相談教員の一覧


3.学業や試験における不正行為

大学では日々の勉学や研究の成果を発表するために、プレゼンテーションを行ったり、レポートや研究論文を提出したりする機会がたくさんあります。その際、他人の文章や考えを不適切な方法で借用や引用すると「盗用・剽窃行為」 とみなされ、罰則の対象になりますので十分注意してください。主な不正行為には以下のものがあります。

  • ウェブ上の文章や画像を無断でコピー&ペーストして自分の学習成果として提出する
  • 他者の学習・研究成果(エッセイやレポートなどを含む)を盗用・丸写しする
  • 実験結果をごまかす、すりかえる
  • 他者の課題・レポート・試験などを代筆する
  • 試験中にカンニングを行う

大学では研究倫理や、論文執筆方法などに関するセミナーを多数開催しています。積極的に参加して、適切な勉学や研究方法を身につけましょう。


4.チューター

原則として渡日後1年間(学部学生は入学後2年間)、教育・研究について個別の課外指導を受けることができます。必要な条件を満たしていれば、留学生が他の留学生のチューターになることも可能です。
詳細は各学部・研究科等の担当係にたずねてください。

ハンドブック要旨スライド集(ハンドブックP.80--P.83) 日本語版 696KB/英語版 668KB

5.ティーチングアシスタント(TA)

TAは科目教員の指示の下、決められた授業の補助を週2時間から10時間程度行います。博士前期課程(修士課程)の学生は学部授業のTAに、博士後期課程(博士課程)の学生は学部と大学院授業のTAに応募することができます。
応募方法などの詳細は、所属する部局の事務室までお尋ねください。

[ページの先頭へ]


名古屋大学国際教育交流センター
〒464-8601 名古屋市千種区不老町 [ 地図 ]
電話 052-789-2198 FAX 052-789-5100
Copyright © 2014 International Education & Exchange Center, Nagoya University