NUSTEP名古屋大学短期日本語プログラム

NUSTEPについて

 「名古屋大学短期日本語プログラム(NUSTEP)」は2週間集中の日本語プログラムです。優れた専門講師による日本語学習だけではなく、日本文化体験、日本企業見学、名古屋大学学生との交流など幅広いカリキュラムを用意しており、日本の文化・社会について理解が深められます。
さらに名古屋大学担当講師による専門講義の受講やラボ見学などを通じて、名古屋大学の優れた教育、研究活動を体験することもできます。本プログラム修了時には、本学より修了証が発行されます。

スタッフ

松尾 憲暁(まつお のりあき) Noriaki Matsuo

  • 国際教育交流センター 国際プログラム部門 特任講師(NUSTEPコーディネーター)

名古屋大学短期日本語プログラム(NUSTEP)を担当しています。
大学・大学院時代に国際交流や日本語教育に興味を持ち、これまでタイ、日本、ベトナムで約10年間日本語を教えてきました。
このプログラムはこれまでみなさんが自分たちの国で勉強してきた日本語をよりリアルなものにしてくれるでしょう。その中で、みなさんに、「名古屋大学で何が学べるのか」を知ってもらい、この魅力的な大学でもっと勉強したいという気持ちを持ってもらえたらと思います。

2017年夏季:日本語担当講師

福富 七重(ふくとみ ななえ) Nanae Fukutomi

私は大学と大学院で日本語教育について学び、これまで約10年間、名古屋、東京、九州の大学で留学生の日本語の授業を担当してきました。研究テーマは会話教育と音声教育です。みなさんが日本に来て、この名古屋で日本語や日本文化、日本社会を学ぶことを通して、世界への視野が広がり、日本との強いつながりができることを願っています。また、できるだけ多くの日本人と交流していく中で、色々なことを吸収していってもらいたいと思っています。この2週間、ぜひ貪欲に頑張ってください。

安井 朱美(やすい あけみ) Akemi Yasui

現在、名古屋大学のG30対象の日本語コースで、ビジネス日本語の授業を担当しています。私は社会人経験を経て、日本語教師になり、これまで日本の様々な教育機関や韓国の大学で日本語を教えてきました。ここ数年間は教材開発に取り組んでいます。
名古屋の夏はとても暑いですが、みなさんもその暑さに負けないような熱い気持ちを持って色々なことにチャレンジし、たくさんの思い出を作ってください。NUSTEPのプログラムを通じて、みなさんが日本生活や日本語を楽しみながら学び、将来につながる大切な「何か」を見つけてくれることを期待しています。

鈴木 かおり(すずき かおり) Kaori Suzuki

現在、愛知県内の大学で交換留学生に日本語を教えています。日本語教育歴は25年になります。名古屋大学では2013年から3年間、国立三大学連携語学支援講座で、大学院生や研究員を対象に日本語を教えました。専門は日本語の敬語です。NUSTEPには、日本人との交流や見学など学びの場がたくさんあります。また、日本語を話す、聞く、日本語で考える、そしてプレゼンテーションすることは、皆さんの日本語の力を総合的に伸ばすいい機会となるでしょう。日本での様々な体験が皆さんの新たな力となるよう、一緒に頑張りましょう。

過去のプログラムの日本語担当講師

加藤 淳(かとう じゅん) Jun Kato 2016年春季担当2017年春季担当

名古屋大学の全学日本語コースで、主にビジネス日本語やアカデミック日本語などの授業を担当しています。社会人として働いた後、日本語教師になりました。日本語を教えながら、名古屋大学の大学院で日本語学を専攻し、2011年に博士後期課程を修了しました。専門は日本語の敬語です。今までいくつかの大学で約10年間日本語を教えてきました。みなさんには日本語だけでなく、日本の文化や社会についても興味を持っていただきたいと思います。名古屋生まれの名古屋育ちで、名古屋の言葉と名古屋の料理も研究しています。場面に応じて、自然で適切な日本語の表現が使えるように、日本語を使いながら覚えていきましょう。

椿 由紀子(つばき ゆきこ) Yukiko Tsubaki 2016年春季担当2017年春季担当

現在、名古屋大学の全学日本語コースで、大学院生や交換留学生に日本語を教えています。 名古屋大学で日本語を教えて、27年になります。専門は会話教育です。大学院ではコミュニケーション・ストラテジーについて研究しました。 わたしは、授業の中心には教師ではなく学生がいるべきだと考えています。 学生が自分で行動し、自分の力で学ぶ、大変だけれども楽しい、授業を目指しています。そして、実際場面で使える日本語を学生の皆さんが 習得していくお手伝いをしていくのが私の仕事だと思っています。 NUSTEPの日本語授業でも学生の皆さんと大変だけれども楽しい時間を過ごすことを楽しみにしています。

蓮池 いずみ(はすいけ いずみ) Izumi Hasuike 2016年夏季担当

私は名古屋大学大学院で日本語教育学を学び、これまで日本の様々な教育機関や韓国の大学で 日本語を教えてきました。3年ほど前からは、主に日本の大学院に進学を希望する留学生を対象にアカデミック日本語の授業を担当していました。はじめは日本語で話すことに自信がなかった人たちも、経験を積むにつれて自信を持って自分の考えを伝えることができるようになります。皆さんもぜひ、NUSTEPで日本語や日本文化を学びながら、日本語で周りの人々と交流することの楽しさを実感してくだ さい。